2005年11月26日

野ブタを。プロデュースPRODUCE4「恋の告白作戦」

朝、自転車で登校してきた桐谷修二(亀梨和也)のもとへ駆け寄る上原まり子(戸田恵梨香)。二人で歩いて行く。

『見てる、見てる、どいつもこいつも。それはそうか。俺達は誰が見ても理想のカップルだもんな。でも、彼女とちゃんと付き合う気は無い。短い高校生活をそんなことだけで、使い切ってしまうのはあまりにもバカすぎるから。』

114の日までの後三日とういう看板を見て、
「もうすぐ、十一月四日だね。」まり子が言う。
「うん?あー、114?」

山田が聞く。
「114って、何やるの?」
「ジェイムス、知らねえんだ。114はさ、うちの学校のイベントで、好きな人に愛の告白が出来ちゃう。」修二が答える。
「で、告白する時に縁起が良いのが十一月四日。」
「ただし、告白できんのは年に一人。」

『何がいいよだ。くだらねえ。』盛りがっている中で一人さめている修二。

屋上にて、彰(山下智久)が、修二と信子(堀北真希)に手帳を渡している。
10002908991.jpg
「何、これ?」修二が聞く。
「野ブタプロデュース大作戦手帳だっちゃ。」手帳には野ブタの絵が描いて有る。
「つーか、何で俺がさ、お前らと一緒のやつ持たなきゃいけないの。」
手帳にはすでに十一月四日の欄に、「114愛の大作戦と書いて有る。
「何これ?」修二が気づく。
「114愛の大作戦?」信子が言う。
「114の日に、修二がみんなの前で、野ブタに告白すれば、野ブタは一気に人気者なのー。何でこんな簡単なことに気づかなかったんだろう。お馬鹿シャン。」
「ふざけんなよ。何で俺がそんなことしなきゃいけねえの?」
「つーか、何でそんな怒るかな?カルシウム、足りてますか?」
「わかってねえな。あのな、自分の力で人気者になんないと意味がねえんだよな。」
「とか言って、実は自分の人気が下がるの、恐れてんじゃないの?ほんとはせこい男?」
「そんなんじゃねえよ。」

続きを読む
posted by 直美 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 野ブタを。プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。