2005年12月09日

1リットルの涙第九話「今を生きる」

「これが電動の車いすです。じゃあ、早速練習始めようか。」
「はい。」亜也(沢尻エリカ)の表情は硬かった。それを見つめる母・潮香(薬師丸ひろ子)。
電動車いすを操作する亜也に向かって、潮香が、
「どう?」
「風が気持ちいい。」亜也に笑顔が戻った。
n90

「歩ける所はなるべく自分で歩くって言ってたけど、一人で自由に動ける喜びは大きいみたい。」
「そうか。」父・瑞生(陣内孝則)が言う。
「養護学校持っていけば、活動範囲も広がると思う。」
「ああ、でも、やっぱり心配だなあ。宿舎生活って言うのはよ。
だって、あいつ、案外さみしがり屋だろ。」
「大丈夫よ・・・・。大丈夫。
だって、あの子が自分で決めたことだもの。
私たちが笑って送りださないで、どうするのよ。」
「そうだな。」

瑞生は遥斗(錦戸亮)を見つけ、無理やり車に乗せ、家まで連れてくる。
「おーい、今帰ったぞ。」
瑞生の後に続く遥斗。ちゃっかり手伝わされている。
「麻生君・・・」亜也が言う。
「親父さんが・・・」
「おう、俺が呼んだんだ。
新作のおぼろ豆腐、食わしてやろうと思ってな。」
「久しぶり。」亜也が言う。
「ああ・・・」
「池内亜也!!ってか。」からかう瑞生。
完全に瑞生のペースにはまる遥斗。大変だね。
続きを読む
posted by 直美 at 18:22| Comment(6) | TrackBack(11) | 1リットルの涙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。